NEIL BARRETT / ニール バレット

デザイナーNEIL BARRETT(ニールバレット)。1965年イギリスデヴォン州生にまれる。セントマーチンズでファッションを学ぶ。卒業後、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートで文学の修士号を取得。セントマーチンズ在籍時はジョンガリアーノの卒業コレクションを手伝ったという。89年、卒業コレクションが評価されて、グッチのメンズウェアのシニア・デザイナーに就任。ここでは89年~93年までの5年間を働くが、これは崩壊したブランドが復活していく時期であり、重要かつ貴重な5年間を過ごす。94年、プラダに移りメンズのデザイン・ディレクターに就任。これはニール バレット自身がメンズラインを立ち上げることを提案したことがきっかけ。98年、サムソナイト・アクティヴウェアのデザイナーに就任。99年、これまで積んできた経験をもとに、自身の名を冠したブランド「ニール バレット」を設立。1998A/Wメンズコレクションからスタート。これ以降、ロンドンとコレクションを発表するイタリアを往復する生活を送る。1年後にピッティ・イマジネ・ウォモ(メンズウェアで権威ある展示会)のオープニングを飾る。1999A/Wからレディースコレクションをスタート。ニール バレットの服の特徴はイギリス仕込みのトラッド、テーラードにスポーティな機能性をうまく加えたデザイン。素材とディテールへのこだわり、研究にはただならぬものがあり、それに完成まで何十回と調整を加えて完成する。このような部分が支持を受け、ブラッドピットなどハリウッドにも多くの顧客を抱える。
    • 該当がありませんでした。